このページを印刷

第22号 作画せよ!問題文

  • 次のネームを使い、左ページから始まる4ページの漫画にして下さい。
  • 台詞の内容が変わらなければ、語尾や口調の変更はかまいません。
  • 問題文に書いてある行動や小道具などの状況は、作品に反映させて下さい。
  • コマ割り、キャラクター等自由に想像してあなただけの漫画を完成させて下さい。

  • 森の中で魔法の練習をしている魔法学校の生徒たち。
    様々な魔法を成功させている生徒の中、一人だけうまく使えない生徒がいる。
  • 生徒A「えいっ……あれ?」
  • 何度杖を振っても何も起こらない。
    生徒Aに他の生徒たちが近づいてくる。
  • 生徒B「うまくいかないの?」
  • 生徒A「うーん…」
  • 手元の杖を見つめて困り顔の生徒A。
  • 生徒C「呪文の発音が違うんだよ」
  • 生徒D「杖の動きがおかしいわ」
  • 生徒E「もっと集中しなくちゃ」
  • 口々にアドバイスをする生徒たち。
    一斉に注意されて次第にイライラしてくる生徒A。
  • 生徒A 「もう!うるさいなあっ!」
  • イライラが爆発する生徒A。
    大きな身振りで杖を持った手を振ると、あたりが真っ白に輝く。
  • 生徒たち 「うわっ」
  • 光がおさまると、生徒たちの眼の前に大きな竜がいる。
  • 生徒B 「ど、ど、どうやったの…?」
  • 生徒A 「わ…わかんない…」
  • ゆっくりと生徒たちに向かってくる竜。
  • 生徒たち 「うわーっ」
  • 先生 「みんな動くな!」
  • 生徒たちの前に飛び出してくる先生。
    先生が呪文を唱えて立派な杖を振ると竜が消える。
    生徒たちを振り返り、怒った表情を見せる先生。
  • 先生 「生徒だけでの魔法練習は禁止だと言ったろう!」
  • 生徒たち 「先生!」
  • 先生に駆け寄る生徒たち。
  • 生徒たち 「うわーん怖かったよー」
  • 怒った表情を和らげて生徒たちをなだめる先生。

第22号締め切り 2017年8月31日(木)必着

このページを印刷
inserted by FC2 system